2014年01月14日

予後の受け止め方



テレビ番組ではなく、米国国立癌研究所(NCI)が制作した動画で、YouTubeで公開されています。7分弱の動画で、まーさんはもう見ました。とてもいい内容なので多くの人に視聴することをおすすめします。
なお、タイトルでは「予後」となっていますが、内容としては「余命宣告をどう受け止めるか」というものです。

この動画はキャンサーチャンネルというウェブサイトで見つけました。

キャンサーチャンネルの該当ページ

余命宣告については、私が活動しているがんのピアサポーターのあいだでもたびたび、その是非が話題となります。私が受講したある講座で、先生がこういっていました。
「余命告知は医療行為か?」
まーさんが考えたこともない着眼点でドキッとしました。
「余命告知は医者が患者に対してすることなのだから、それは医療行為であるはずだ。しかし、医療行為であるならば、患者にとって何らかのメリットがなければならない。」
非常に説得力のあるお話でした。
posted by まーさん at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 癌とピアサポーター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104038958
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック