2014年10月29日

mineoへの乗り換え

Screen-2014-10-29_11-21.jpg

今月のはじめに携帯をソフトバンク+iPhone5から、mineo+Xperia Z1に替えました。

毎月の携帯代の高さが苦痛で何とかしたいと思っていたんですが、ようやくその対策を実践したわけです。
モバイルルータではなく、2台目の携帯でもなく、唯一1台持っている携帯をMVNO(格安SIM)にしてしまうことはちょっと怖さもありましたが、今のところほとんど問題なく、快適に使えています。

費用の面でいうと、ソフトバンクでは大体7000円+通話料という感じでしたが、mineoのデータ1GB+音声通話のプランは月額1717円+通話料です。非常に安い。
mineoに乗り換えるにあたって端末としてXperiaZ1を購入しましたが、ヤフオクで3万円ほどでした。仮に2年使い続けるとすると、1ヶ月あたり1250円。mineoと合計しても3300円ほどなので、ソフトバンクの半額以下となります。

もともと、私は自宅でWi-Fi接続していて、外出先で動画を見たりすることもないので、ソフトバンクの7GBというのは無駄だと感じていました。
iPhone6の登場とともに各社が出してきた新プランでは3GBとかも選べるようですが、通話料無料プランとセットになっているので、通話をほとんどしない私にとっては逆に値上げになってしまいます。そこで、MVNOとなったわけです。

●乗り換えたメリット
毎月の料金が非常に安くなった
2年縛りがなくなり、いつでも違約金無しで乗り換えができる(この精神的な開放感は想像以上に大きかった)。

●乗り換えたデメリット
通話品質が悪い(今のところ会う回線が悪いのか端末のせいか不明。端末のせいなら乗り換えたデメリットではないことになる)
データ量が7GBから1GBに減った(自分はそんなに使わないので実質的にはデメリットではないが、気持ちのうえで若干の窮屈さはある)
端末の設定がめんどくさい(最初の通信設定がやや特殊だし、端末がau用なのでいろいろ面倒)

最後の「端末がau用なので」という部分を少し補足。
私はデータの使用料が少ないくせに、テザリングが絶対条件なのだが、MVNOは何かとテザリングがやりにくいらしい。これは多くのMVNOが使用するdocomoの回線が特殊な仕様であるために起こる問題のようです。
いろいろ調べた結果、mineoでau用の端末を使うのが一番問題なく安心してテザリングができることがわかりました。
なので、そうしたのですが、au用端末はau用アプリが大量に入っている。mineoで使用する場合、それらは全て使えない。これが面倒で、例えばLINEにしても、プリインストールされているLINEはau専用なので、そのままだとログイン出来ない。一度アンインストールして、GooglePlayからインストールし直す必要があります。

通話品質については、これから原因の切り分け、対策をしていきますが、、通話自体をめったにしないので時間がかかりそうです。

最後にデータ量ですが10月6日から今日まで、23日間で550MBほど使いました。ただし、この内の400MBは仕事上の必要でテザリングしたあるデバイスが勝手に使用してしまったもので、本来なら150MB程度です。特に節約しようと思ったわけでなく、使いたいように使ってこれなので、やはり自分には1GBで十分なようです。

posted by 山田 at 11:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 癌とピアサポーター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105031379
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック