2011年07月23日

DVDのコピーは違法か

パソコン系のライターをしていて、一番よく聞かれることが、「DVDのコピー方法」だったりします。そのさい、殆どの人は、こっそりと聞いてきます。

が、実を言うと個人使用の範囲であれば、DVDのコピーは違法ではありません。ちょっと長くなるかもしれませんが、最初から説明します。

1:著作権法は、著作物のコピーを禁じています。

2:ただし、個人使用の範囲であればコピーしてもよいとされています(コピーが許されるケースは他にもあります)。

3:ただし、著作物にコピーを防止する対策が施されている場合は、個人使用の範囲でもコピーしてはいけないことになっています。

さて、DVDはよく知られているように、コピー対策が施されています。ゆえに、個人使用であってもコピーしてはいけない、と多くの人に信じられています。ところが、おどろくべきことに、実はDVDにはコピーを防止する対策は施されていません。ゆえに、個人使用の範囲であれば、コピーしてもいいのです。

「バカを言うなCSSを知らないのか」という声が聞こえてきそうです(CSSはDVDのプロテクトとして知られる)。それは最もな意見ですが、じつはCSSはコピー対策(コピーコントロール)ではないのです。ではなんなのかというと、アクセスコントロールです。

実際にやってみると分かりますが、DVDの中身のファイルを普通にエクスプローラなどでコピーすると、問題なくコピーできます。つまり、コピー対策は施されていないのです。ところが、このコピーしたファイルを再生しようとすると、うまく再生できません。これがCSSの効果で、コピーを防止しているのではなく、コピーしたファイルの再生(アクセス)を防止しているのです。

コピーコントロールについては著作権法に定めがなく、これをクラック(無効化)してコピーしても、違法にはなりません。「屁理屈にしか聞こえない」という声が聞こえてきそうですが、まあ、屁理屈も理屈のうち、ということでしょうか。

ただし、今年のはじめに、著作権法の改正案が発表されました。その案が通れば、DVDのコピーも違法になるようです。
ただ、これには反対意見もあり、まだどうなるかわかりません。そもそも、DVDのコピーを一切認めないということになると、自分で購入したDVDをスマートフォンやタブレットにコピーして再生したいとか、破損した時のためにバックアップをとっておきたいとか、そういったことも全て違法になってしまいます。これはあまりにもユーザーにとって不利益です。

著作権については誤解されている部分も多く、書き出したらきりがないのですが、長くなりますし、私も素人で間違っている部分がないか検証しながら書くと非常に時間もかかるので、今日はこのくらいにしておきます。


タグ:DVD
posted by まーさん at 00:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46904574
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック