2011年08月07日

Androidスマートフォンどうやって手に入れる?

仕事の都合もあって、Androidのスマートフォンを購入することにしました。しかし、自慢ではないがお金が無い。なるべく安く手に入れる方法を、ネットで色々と検索。

その結果いろいろな方法やら裏技やらあるのがわかったので、自分用の学習のまとめ的な意味も込めて書いておきます。


入手法@DOCOMOとかで普通に
普通の方法です

いい点:楽
悪い点:高い。アプリの検証などの目的で使う自分の場合、パケットやら通話やらの料金を払うのは無駄。
今使っているiPhoneから乗り換える手もあるが、今の時点では多額の余計なお金が発生。
SoftBankのアンドロイド機への乗り換えでも余計なお金が発生する。iPhoneはタダで配ってるだけあって縛りがきつい。

入手法A普通に買ってSIMカードを抜く
これをやっている人は多いらしい。通信を使わなければ料金が安いプランに契約、SIMカードを抜いて運用。SIMカード入れっぱなしだと何もしなくても勝手に料金上限まで使うのがスマートフォンだが、SIMカードを抜くことでそれを回避できる。

いい点:楽。
いざとなれば通話も含めて全機能を使える。
保証とか効く正規の形で端末を入手できる。分割払いもできる。

悪い点:パケット代金がかからないとはいえ毎月の料金はそれなりに発生する。
なんだかんだ言ってSIMカードを入れっぱなしにして使ってしまいそうな気がする。

入手法BSIMカードのない端末だけ買う
まず調べたのが、日本で売られているアンドロイド端末は契約なし、というかSIMカード無しで問題なく使えるのかという点。
調べると、初代XperiaなどはSIMカードを入れないと全く使えないようになっているらしい。でも、前に借りた時には使えた。どうやら、裏技みたいなのがあって使えるようだ。他の機種のことはあまり調べなかったが、だいたいは使える or 使えるようにする手段がるらしい。
ただ、初期設定だけはSIMカードがないと無理とか、トラブル時に復旧するのにSIMカードがあるとか言うこともあるらしく、SIMカード無しの端末だけ手に入れてそのまま使おうというのは危険かもしれない。このへんは実際に使ってみないとどんな落とし穴があるか分からない。

いい点:毎月の料金がいらない。
型落ちの端末で妥協すれば端末も安い

悪い点:WiFi環境がないと通信できない。自分の場合、通話ができないのは問題ないが、屋外で通信ができないとまずい状況はありうる。

入手法C激安SIMカードで使う
SIMカードのない端末を中古などで購入し、b-Mobileなどの激安のSIMカードを使う方法。
いろいろ調べた結果、これが一番良さそうな気がする。

いい点:通信料金が安い。しかも必要な時だけSIMカードを購入すればよく、解約できないといった縛りもない。
悪い点:SIMロックフリー端末でなければならない。
何か未知の落とし穴がありそうな気がする。

SIMロックフリー化
SIMロックフリーの端末なんて高くて割が合わないと思っていたのだが、ほとんどの端末は5000円くらいの費用でSIMロックフリー化できるらしい。

ふーんと思ったこと
DOCOMOはSIMカードのみで販売をしている。SIMロックフリーのiPhoneを買えばiPhoneをDOCOMOの電波で使える。DOCOMOやるなあ。
DOCOMOは全機種をSIMロックフリー化したが、実際にはロックされており、解除するにはDOCOMOに持って行って3000円くらい払わなければならないらしい。DOCOMOせこい。




タグ:携帯
posted by まーさん at 16:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47223380
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック