2011年10月27日

自転車の取り締まり強化について

えーと、何から書き始めようかと思いましたが、人目を引きそうなことから。


douro.jpg


クイズです。

この図を見てください。私は下端中央「ここから」にいて、右上の「ここへ」に行きたいのです。自転車でいく時A、B、Cの泥方法を撮ればいいのでしょう(分かりにくいですが緑色がCです)。


さて、クイズのことは一旦忘れて・・・・・・。

私は、健康のために毎日1時間ほど自転車に乗っています。で、気になるのが昨今の自転車取り締まり強化の報道です。

ブレーキがないなど違法な自転車や、歩道を猛スピードで走るといった危険なことをする人は、もうどんどん取り締まって厳罰に処して欲しいです。しかし、今報道されている取り締まり強化の内容には戸惑わずにおれません。

私の地元の中日新聞にも大きく載っていましたが、警察は、
自転車は車両、自転車は車道を走るのが基本、歩道を走るのは特例

ということを強調し、これからは歩道を走る自転車を積極的に取り締まっていくそうです。

中日新聞の今日の社説には自転車のことを

「歩道では凶器と知ろう」
「歩道走行は高齢者や子供に限るなど『例外』である」

と書いていました。この社説には非常にショックを受けました。なぜなら、私は歩道がある道路ではほとんど間違いなく、歩道を走っているからです。私は交通違反をしている悪者なんでしょうか。

法律を見ますと、確かに自転車は車両であり、車道を走れと書いてあります。ただし、例外的に歩道を走れる条件が幾つか決められており、その中に

「車道又は交通の状況に照らして当該普通自転車の通行の安全を確保するため当該普通自転車が歩道を通行することがやむを得ないと認められるとき。」

つまり、車道を走るのが危ないと思えば、歩道を走っていいのです。
(前述の中日新聞の社説はこの条文を「など」の二文字に入れてるのでしょうか。誤解を招く書き方ではないでしょうか)

私は、自転車はどんな場合でも車道を走るより歩道を走るほうが安全だと考えています。ですので歩道があれば極力歩道を走ります。この原則を破って車道を走るのは、歩道に歩行者がいる時です。ただし、私は健康のために自転車に乗っていて、走るコースは決まっており、そのコースは人も車もできるだけ少ない道路を選んでいます。時間もできるだけ人や車が少ない時を選びます。ですので、歩行者がいるから車道を走る、というケースはあまりありません。

法律というのは、時に現実とかけ離れているものです。例えば自動車のスピードですが、制限速度を厳密に守っている車両はほとんどなく、警察も10キロ程度の超過は取り締まらないのが普通です。

私は、自転車もこれと同じで、法律では例外という書き方になっているけれども、現実的には自転車は歩道を走ることが普通だし、それは違法ではない。マナーを守って、かつ堂々と走ればいいのだ、と思っていました。

ところが、警察や新聞は、「それは違う」と突然言い出したわけです。だから私は戸惑っています。

だいたい、歩道を走る自転車を取り締まることって可能なのでしょうか。

前述の法律の条文ですが、「歩道を通行することがやむを得ないと認められるとき。」というその判断は、誰がするのか? 条文には書いてありませんが、現実的に、歩道を走るときにいちいち警察をお伺いを立てるなんて不可能です。

ですから自分で判断せざるをえないのですが、そうして自分で「この道では車道を走るのは危険だから歩道を走ろう」と判断した時、そこに警察がバッと出てきて、「ここは車道を走っても安全な状況だからあなたのしていることは違法だ」と言われたら、どうなるのでしょう?

長くなりましたので、分けます。

タグ:自転車
posted by まーさん at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/49460910
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック