2012年01月30日

スマホでトレーニング管理

1年半ほど前から、健康維持のために運動をしています。といっても運動のうちに入らない程度のものなんですが、まあ、自転車漕いだりジョギングしたりしてます。

最近は便利になったもので、こういった運動をモニタリングして管理できる機器が沢山あります。いわゆるランニングウォッチとかサイコン(サイクルコンピュータ)とか言われるものですが、私の場合は、そういうのを買うのももったいないんで、iPhoneで代用しています。
今まで使っていたアプリはRunKeeperというもの。まあ、結構有名なやつで、こんな感じに記録を残せます。

run1.jpg

運動を始めた当初から使っていて、それなりに満足してはいるんですが、ちょっとほかのに乗り換えようと思っています。理由はいくつかあるんですが、RunKeeperは数字が小さくて読み取りにくいというのもあります。一番見たい走行ペースが一番小さい表示なんですよね。
それで、この機会にスマートフォンで使えるフィットネスアプリとかセンサー類についてちょっと調べてみました。ちなみに、ランニングウォッチを購入することも検討したんですが、私の場合はジャギングでもサイクリングでも携帯はやっぱり持っていきたいんですね。ぶっ倒れたり、自転車ならパンクした時などに助けを呼ぶために。そうすると、どうせ持って行くなら運動の管理もこれで済ませたほうがいいということになります。
さて、今ではスマートフォンのフィットネスアプリはかなりたくさんあります。1年半前に私が運動を始めた頃はRunKeeperとNike+くらいで、GPSが使えるものというとRunKeeper1つだけだったと思うんですが、状況は激変しているみたいです。
ちゃんと調べたわけではないですが、有名どころはこの5本じゃないかと思います。
●Nike+ GPS
ハートレートセンサー:専用品を使用
ネットと連動:あり
もともとiPodで使うものとしてスタートしているし、自分が求めるものと何か方向性が違う。アプリだけ使ってみたが、シンプルすぎると言うか・・・。それと、専用ハートレートセンサーが用意されているが、これがポラール製なので、多分ANT+じゃない。ちょっと事情があって、ANT+がいいので、その点でもまずい。というか、このセンサーはどうやってiPhoneと接続するのかだれか教えて欲しい。中継器のようなものが付属しているのか?

●GARMIN Fit GARMINConnect
ハートレートセンサー:ANT+ならどれでも
ネットと連動:あり
garmin1.jpg
本命。GARMINはランニングウォッチやサイコンではトップブランドの一つで、ネットの専用サイトGARMINConnectはすでににぎわっている。ただし、GARMINのiPhone用アプリは日本では売っていない(アメリカでは売っていて日本から購入することは不可能ではないが、アメリカのクレジットカードが必要)。Android版は日本でも購入できる。私は仕事の必要上からXperia acroも持っているので使えるのだ。しかも、Xperia acroはなんと本体だけでANT+対応になっている。これを知ったときには驚いた。なので、ANT+対応ハートレートセンサーならそのまま使える。これを知ったときは嬉しかった。

●Adidas MiCoach
ハートレートセンサー:専用品(ANT+)
ネットと連動:あり
昨年末から始まったばかりのサービス。GARMINが本命ならこちらは対抗。専用センサーはANT+準拠のハートレートセンサーとiPhoneに挿すアダプターみたいなのをセットにしたもので、8000円くらいで購入できる。ネットの専用サイトの使いやすさはまだよくわからない。
●RunKeeper
ハートレートセンサー:専用品(ANT+)
ネットと連動:あり
ハートレートセンサーはMiCoachと同じくセンサーとアダプターのセットなのだが、国内で売っていない。同じようなのが別のアプリのためのものとして売っていて、多分使えると思うのだが、確証がない。以前に買おうかと思ったこともあったが、MiCoachが登場した今となってはわざわざそんな怪しげなものを買うメリットがない。
●Scosche myTREK Wireless Pulse Monitor
ハートレートセンサー:専用品(ANT+)
ネットと連動:なし
これもごく最近に突如現れた。赤外線を使った画期的なセンサーが主役で、アプリはおまけという感じ。このセンサーは上腕部(肘と手首の間)に巻いて使う。よくわからないが、赤外線で血管の動きを見て心拍数を測るらしい。普通、ハートレートセンサーといえば胸にバンドで固定するのだが、これは結構、というかかなりめんどくさい。したがってこのセンサーは非常に魅力的。しかし、iPhoneとの通信にはANT+ではなくブルートゥースを使っており、どうも専用アプリでしか使えないらしい。ネットとの連携も無いらしい。そして値段がちょっと高い。魅力は感じるが・・・・・・。

ANT+とは
フィットネス機器をワイヤレス接続するための規格で、GARMINが提唱して普及した。よく知らないが、以前はハートレートモニターといえばポラールが最大手で、規格化したわけでもないのにポラール方式のワイヤレス技術が実質的に業界標準になっていたそうだ。それがANT+が登場したらすっかりこちらに席巻されてしまった。
さて、
色々考えた末に、とりあえずAdidas MiCoachの購入することにしました。ANT+のセンサーとiPhoneに接続するためのアダプターがセットになっているので、私の手持ちの端末であるiPhone、Xperia acroどちらにも接続できる。このセンサーを使ってGARMIN Fit、MiCoach、そのほかにもいろいろあるフィットネスアプリを試してみようと思います。


【フィットネスの最新記事】
posted by まーさん at 02:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィットネス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53359778
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック