2012年05月16日

名古屋大学で講義!! のお手伝い

久しぶりの更新となります。

今日は私の所属するミーネットのピアサポーターが
名古屋大学の学生に講義をするということで、
そのお手伝いに行ってきました。

お手伝いというのは写真撮影ですが、
このとおり、ついでにブログでのレポートも仰せつかりました。


そもそもなぜミーネットの面々が大学生の前で抗議をすることになったかといいますと、

昨年に名古屋で日本癌学会学術総会というのが開催されたんですが、
この国際的な総会のプレイベント「がん研究を市民と語る」で、
ミーネット代表の花井さんがパネラーとして発言したのがきっかけで、今回の講義となったそうです。
講義を依頼してくださった担当教授・高橋隆先生は、肺がんの分子研究で国際的にも有名な方だそうです。

講義をされたのは3期生の鈴木真弓さんと1期生の廣田圭さん、
それにもちろんミーネット理事長の花井美紀さんです。

このプログラムは、医学部の1年生が様々なフィールドの講師から医療への提言を聞く「医学入門」なるものだそうです。
ミーネットは患者としての立場と、ピアサポーターとして患者を支える側からの両方の立場で、
医療への提言ができることになります。

さて、
講義は花井さんが、まずがんのピアサポーターについての説明をされまして、
そのあと、
鈴木さんと廣田さんがご自身の体験を軸に、ピアサポーターのこと、医療者に望むことなどを話されました。
花井さんはもちろんですが、鈴木さんと廣田さんの堂々と落ち着いた話しっぷりには驚かされました。
学生にとっても、とてもいい講義だったのではないかと思います。

b2.jpg
さきに鈴木さんがパワーポイントを使ってとてもわかりやすい講義をされました。


b1.jpg
続いて登壇した廣田さんはパワーポイントを使わずにお話だけで学生を惹きつけていました。

学生が今日の講義をどのように受け止めたのか、とても気になります。
まあ、なにせ大学生ですから、
講義なんて聞かずに合コンのこととか考えてた人もいると思います。
反面、今日の講義を一生忘れないという人も、何人かは必ずいると思います。

それと、カメラを持った変なおっさんがウロウロしてうざいと思った学生も必ずいるでしょう。
ごめんなさい。


b3.jpg
講義のあと、記念写真をとらせて頂きました。
左から、中日新聞の林記者、廣田さん、高橋教授、鈴木さん、花井さん、浅井さんです




posted by まーさん at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 癌とピアサポーター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55892411
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック