2012年09月05日

がん征圧月間

毎年9月はがん征圧月刊です。1960年からそのように決められているそうで、ずいぶん古くからの活動ですね。

 

1日は愛知県がんセンターでこのがん制圧月間のイベントがあり、ミーネットはその手伝いをしつつ、大阪から視察に来た医師と看護師を案内するという忙しい一日でした。僕はミーネットの手伝いとして参加し、もろもろの雑用などで走り回りました。

IMGP5351.JPG

午後からのピアネットでのヒトコマです

 

 

 

大まかなプログラムは午前中が愛知県がんセンターでピアサポーターの活動の視察、パネル展示の視察。午後からはピアネットに場所を移して、ピアネットの視察、ピアサポーターからの発表などです。

 

また、この視察には組み入れられませんでしたが、がんセンターでは講演「難治がんの診断・治療の最前線」、研究所ツアーなどが行われました。講演は僕も聞きたかったのですが、他に仕事が沢山あるので仕方ありません。

 

大阪からお越しの医師、看護師の皆さんは非常に熱心でした。大阪ではピアサポーター活動がほとんどなく、がん治療に深く関わっている医師、看護師にもほとんどど知られていないそうです。そのような中で、ピアサポーター活動に興味を持っていただき、視察に来てくれました。しかも、これから大阪でピアサポーター活動をはじめようとしていらっしゃいます。ぜひとも応援したいことです。

 

この日はほかにも書きたいことがたくさんあった、本当に忙しい日だったのですが、その中で一つだけ、ぜひ書いておかなければならないことがあります。

 

僕はこの度、ミーネットのがんのピアサポーター養成講座の5期講座のマネージャーとしてミーネットに協力させていただくことになりました。1日のイベントは養成講座ではありませんが、僕のマネージャーデビューでもあったのです。

 

5期講座を受講される方がこのブログを読んでいるかわかりませんが、よろしくお願いします。

posted by まーさん at 21:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 癌とピアサポーター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58029705
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック